上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBテクニックとまでにはいかないと思いますが、ちょっとした小技の紹介です。

アフィリエイトをやっていると多くの広告を利用します。なかには何度も使わなくてはならない広告もあります。

そこで、いちいちアフィリエイトサービスプロバイダーにアクセスしてソースを取りに行くのはめんどくさいので、一般的にメモ帳を使ってアフィリエイトのソースをコピーして保存しておきます。

しかし、再度利用するときにソースをドラックして全部の文字を選択してからコピーしなくてはなりません。

これって、意外にめんどくさいんですよね。メンドイ・・・

そこで、私の場合は

続きを読む
アフィリエイトダグを取得する際に、クリックすると全体がフォーカスされて簡単にコピーできるの良く見かけませんか。実は簡単にできるので自分のサイトに利用することができます。ちょっとした、配慮ってところですが、リンクフリーを謳うのであればこのくらいはしても良いかもしれません。
 
例)当サイトはリンクフリーです。相互を希望される場合はお気軽にコメントください。

↑こちらからコピーしてお使いください。
 
ちょっと、カッコつけてますね。いかにもアフィリやってるなと訪問者から気を引くことができるかもしれません。

↑気になる作り方はこちらをコピーしてお使いください。文字列を変えることによって好きな文字を入れることができます。ただし、文字だけならこれでよいのですが、リンクタグなどを利用する場合には、最低でも「"」と「'」の使い分けの基礎が無いと混乱するかもしれませんね・・・。
All About [JavaScript]←勉強は大切です。
広告を自力でローテーションさせる方法を昨日のサンプルを元に説明します。
 
まずはサンプル
例) 
 
これは、テキストオンリーですがバナーも混ぜることができます。
昨日同様、ブラウザが更新されるたびに内容が入れ替わります。
 
では、サンプル同様JavaScriptと外部ファイルを使ったローテーション表示の作り方ですが
1 以下のソースをコピーしてメモ帳に貼り付けてください。
 
tag=new Array();
tag[0]='広告';
tag[1]='広告';
tag[2]='広告';
tag[3]='広告';
tag[4]='広告';
tag[5]='広告';
i=Math.floor(Math.random()*tag.length);
document.write(tag[i]);
 
2 広告と書かれている部分を広告タグに置き換えてください。
3 出来上がったら拡張子をjsにして保存します。このとき文字コードが自分のサイトのものと同一のものにしないと文字化けすることがあります。
4 保存したファイルを画像と同じ感覚でアップロードします。
5 表示させたいところに下のタグを入れればできあがり!
 
<script src="アップロードしたファイルのURL" type="text/javascript"></script>
 
※アップロードしたファイルのURLはご自分のものに置き換えてください。
簡単ですね^^
でも、ちょっと分からないという方はこちらで勉強してみてね
All About JavaScript 
<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。